耳栓のススメの話にちょっと付け足したい話。

最近はライブよりクラブイベントによく行くけど耳栓は欠かさないあめすけです。
この間仕事帰りに耳栓持たずに行ったら脳みそ飛びそうになったよ(:3ヽ)

最近またTwitterでロック難聴の話が盛り上がってる(?)みたいでこの記事にもよくアクセスいただくようになりました。
で、改めて読み返してみたら補足したいところが出て来たから書いておくね!

難聴は低音だけが聞こえなくなることじゃないよ

前の記事で「どれくらい聞こえないかっていうと、蘭鋳のイントロがいつ始まったのかよくわからない程度」と例えました。
わかりやすいんですけと、ちょっと誤解与えてしまうかもしれないかなと。

これは自分がリアルに危機感を感じたことだったからこう書いたけど、低音が聞こえるから私はセーフ!ではないんですわ。

感音声難聴の中で聞こえなくなった音域がたまたま低音だっただけなんです。
人によっては高音が聞こえなくなったり、中間音が聞こえなくなったりと様々なのです。

だからギターの音が聞こえないとか、ボーカルの声が小さい気がするとか、そういう何処かの音だけが欠けてる状態があったら危険です。

マジ危険1000% 今すぐに耳鼻科に叩き込むレベル。

聞こえなくなるの、音楽だけだと思ってない?

音楽そんな聞かないし別にィ〜って人はあんまりいないと思うけど、一応。

聞こえなくなるの、音楽だけだと思ってませんか?
音楽か聞こえなくなるくらいで日常生活に支障でない、と思ってませんか?

人の声も「音」です。
声にも周波数や音域が存在します。

私は当時、父親の声がほぼ聞こえませんでした。
目の前で対面で話しているのに、何をいっているのかわからなかったんです。

声も音です。
人の声だけは除外されるなんて、そんなことはありえません。

もしかしたら耳鳴りを放置したがために、大切な人の声が聞こえなくなってしまうかもしれませんよ?

繰り返しになりますが難聴で聴力を失うと戻ることはほぼ無いに等しいそうです。
難聴治療はスピード勝負。発症48時間以内がキモです。

みんなたち、なんか変だと思ったら早く耳鼻科に行くんだよ!
ハムスターとの約束だ!

コメントを残す