【1000円では】1000円から始めるフィギュア講座・番外編【足が出る】

細かいことは爪楊枝でほぼやり遂げるあめすけです。

ちょっと諸事情によりフィギュア講座本編より先に番外編です。

なんで番外編なの?

使う粘土が違うからです。

本編では石粉粘土というヤツを使いますが、番外編ではスカルピーという樹脂粘土を使用します。
これを使うと1000円では収まらないので番外編です。

スカルピーとは

熱で硬化する樹脂粘土です。形を作った後にオーブントースターとかで焼きます。

焼くまでは硬化しないので、心ゆくまで作りこむことができるのが特徴。
焼いた後は石粉粘土よりは強度があるけど、だからって過信は禁物。

種類がある

ひとくちにスカルピーといっても種類がいろいろあるそうです。
灰色だったり肌色だったり焼き上がりの硬さに違いがあったり削りにくかったり。

私は下調べとか全くあんまりしないで買ったので、色々調べて比較してみるとよいかもです。


あめすけは肌色のコイツを使ってます。スーパースカルピー。

お値段は454gで1600~2100円程度(amazon価格)

調べてみたらどうも焼いた後にパキっといきやすいらしい…
次買うならグレースカルピー使ってみよう。まだたくさん残ってるけどコレ…

下書き

下絵を描くまでは本編と同じなのでささっと描いてしまいましょう。

DieTRAX!

描いてみたはいいものの、足のあたりよく分かってないので作りながら考える。

下準備

スカルピーは石粉粘土のようにすぐ形成に入れません。
形成前にしこたま粘土をこねます。

スカルピーは、こんな感じで棒状になって入ってます。

これをちぎってちぎって

柔らかくなるまでこねます。

最初は結構固いです。ぐいぐいいきましょう。わりと力技。

焼く前のスカルピーはカラー剤のうすめ液でちょっと溶けるので、液を混ぜ込むと少しやわらかくなります。混ぜすぎ注意。

形成

こね終わりましたら形を作っていきます。

全体を作る

まず手でひねってデッサン人形みたいな感じで大まかな形を作ります。

こんなかんじ。

ここから削ったり足したりして細かなところを作ってゆきます。

この形を最後まで保たなくてもよし。
削っても後から足せば良いのです。

私は他の部分を作るのに邪魔になったら長いところをちぎったりしてます。
容赦無くもぐ!!

細かい部分

スカルピーは押したらその形がくっきり残るので、その特性を利用してぐいぐいと。

爪楊枝とかヘラでぐっと押すと、そのまま形が残ります。

ぐっと押しつけて

爪楊枝を下に転がすと段差がならされます。

が、爪楊枝を捻るように動かすこの動き、手にはよくないらしいですので程々に。
3時間くらい熱中してやってたら右手が腱鞘炎になりかけました。

顔を作るよ!

だいたいこのへんかなーと線でアタリをつけて

高さの低い方に押して段差を作り

サングラスー

左右作ってついでに鼻も作成。
線になってるところはぐっと押し込むだけでOK。

アクシデント

実はこれ撮影する際に

サングラスの上にiPhone落としました。ベッコリ。

でも大丈夫!焼くまでは固まらないからせっせと復元。

口も同じくアタリとって

押したり掘ったりならしたりで高低差をつけます。

名称未設定-1

口は奥行きがあるので前後を考えて作るとイイネ!

※作りながらの撮影が1人ではできなかったため本番とは別の粘土を使用しています。

現状

そんなこんなで今こんな感じです。

全体がざっくりできたら一度焼こうかな。

次回へ続くのです。

コメントを残す