隙間なく詰めろ!小型キャリーのパッキング方法

リアルテトリスがそろそろ上級者レベルに上手くなってきましたあめすけです。

パッキングなら任せろよ!あっ調子乗りましたスミマセン

さて、GW遠征に向けてのバンギャルの嗜み第3弾は荷物編です。

移動の多いバンギャルにとって、荷物は旅のパートナー。荷物の出来が道中の難易度を左右すると言っても過言ではありません。
テキトーに詰めると必要なものが見つからなかったり、歩くときに変に重心が偏ってガッタガタになったりします。

そこで活きるのがパッキング術。
重心を調整するだけで、キャリーの取り回しがかなり楽になるのだ!

ソフトキャリーちゃん
こいつが私の旅の相棒であるソフトキャリー(四輪)。
容量は45cm×33cm×18cm(取っ手・蓋・車輪含まず)。飛行機に手荷物で持ち込むことも可能な小型サイズです。

今回はこのキャリーに物を詰める際のポイントをご紹介いたします。

まず凹凸を埋める

キャリーには必ずと言っていいほど存在する、取っ手によるデコボコを埋めます。
ここってかなりのデッドスペースだと思うんだ。

ここ。
ここです。布が張ってあるものも多い。

細長いものとか平たいものなら入りますので、あの、こう、うまいこと詰めます。
カートを開けた時に一番取り出しにくい位置ですので、すぐに使わないものを入れましょう。次の日の下着とか靴下とか、帰りの荷物なら汚れ物とか。折り畳みの傘なんかもグッド。

帯枕・帯締2本・腰紐6本・ウエストベルト・着物クリップ・コーリンベルト2本・足袋・歯磨きセット・ガスール(洗顔)
こんな感じに埋めます。

ここで取っ手の高さと詰めたものの高さが大体そろってると後が楽になります。
あと一番外側になるので、割れ物を置くのはよしといたほうがいいです。何かあった時にきっと泣きを見ます。

重い物は下になる所へ

はいここ!ここテストに出るよ!!

重心コントロールの要です。重いものはできるだけ下へ!

ノートPC、重量のある服、液体、本、履き替える予定があるなら靴。
こいつらが上のほうにいると、ほぼ確実に重心がずれますし下のものが潰れます。

下駄・着物2着・羽織1着
平たい・柔らかいものは取っ手寄りに配置。

ちなみに着物などを持って行かれる方、絹の着物や羽織は重いものゾーンです。
絹って結構重い。ポリなら比較的軽め。

形の変えられないものから詰める

髪用アイロンやノートPC、シャンプーやコンディショナー、ポーチに入った化粧品類などが該当します。

ポーチに入った物は、四角くまとめるとスペースの無駄が少なくなって良いです。
これらを大きいものから順に詰めていきます。小さいものを先に入れると後で大物が入りません。

帯3本
今回ですと横幅が変えられない帯が該当。

柔らかいものは分散させる

上記のものを詰めたら、発生した隙間にお洋服やインナー、タオルなどの柔らかいものをねじこみます。隙間に合わせて、コンパクトに畳みましょう。

Tシャツ・ロンT・ジーパン・着物用スリップ・帯揚げ・伊達締め2本・レギンス・フェイスタオル
1段目

肌襦袢2枚・ストール
2段目

ぐいぐいねじ込むとクシャクシャになるので、シワになって困るものは×。
シワになって困るものは最後に上のほうに乗せます。

割れ物・機械類は真ん中に

カメラ、ノートPC、香水瓶、物販で買ったCDや差し入れの酒などはこちら。

お洋服やタオルでクッションを作りましょう。万が一キャリーを落としたときなどに救ってくれます。
酒やノートPCなど、重いものは下寄りの真ん中がいいですね。
念のため、液体物は袋に入れるとモアベター。

ペラ紙は蓋の方へ

ライブでもらったフライヤーなどの紙ものゾーン。小物もここ。

折りたくない大きくて平たいものはここへ。なんだったらCDもここでいいです。
よっぽどのことがない限り割れませんので。
私のCD定位置はいつもここですが、割ったことないです。

帯板・髪飾り2つ
小物は散らないようにチャックつきの袋に入れておくといいですね。

蓋がなく真ん中でパカッと割れるタイプのキャリーの方はド真ん中になりますので割れ物でも安心。

一番上に幅の広い物を乗せる

大体詰め終えた後、バスタオルや上着などの幅の広いものを乗せます。
これは次の「ゴムベルトで止める」のカバー力を上げるためです。
一番上に小さいものがコロコロしてたら、ベルトしても効果半減なのだ。

薄手の羽織
薄手で軽い羽織を乗っけてみました。

ゴムベルトがあるなら必ず留める

ベルト必ず
これ絶対やりましょう、荷崩れ防止になります。

今回これだけ詰めました

中身ドーン
Tシャツ、ロンT、ジーパン、レギンス、ストール、着物・肌襦袢・羽織(各2着)、帯(3本)、着物用スリップ、足袋、下駄、髪飾り(2つ)、着付け小物(帯枕・帯板・帯揚げ・帯締2本・襟芯2本・腰紐6本・伊達締め2本・コーリンベルト2本・ウエストベルト・着物クリップ)、フェイスタオル、歯磨きセット、ガスール

キャリー内ゾーン別配置

キャリー内重さMAP

以上です。

そんなに多いの覚えらんないよォという方は「形の変えられないものから入れる」「重いものは下」が一番重要ですので、最悪ここさえ押さえればオッケーです。

目指せパッキングマスターですぞー!ヾ(°ω°)ノ

One thought on “隙間なく詰めろ!小型キャリーのパッキング方法

  1. Pingback: marseille shirt

コメントを残す