安くそして快適に。バンギャルが都内でお安く泊まるには

月1で岐阜から都内へ出ているあめすけです。

週末のホテル高っけぇよな!!!!

…さて、バンギャルの嗜みシリーズ第2弾です。

前回の高速バス移動に引き続き、今回はお泊り編。
女子であるバンギャルちゃんが物価の高い都内でお安く泊まるためには、です。

ん?なぜ女子限定かって?
それはね。

 

男ならカプセル行け。

3000円台で利用できるカプセルホテルは殆どが男性専用なのです。
※女性専用カプセルもあるらしいです、が、あめすけは出会ったことがありません。

ではどうしているかというと。
私の主な活動エリアである新宿のオススメ店舗をあげつつご紹介します。

ネットカフェ

一番メジャーどころではないでしょうか。

最近のネカフェはリクライニングだとかフラット席だとかがあってなかなか快適。ゆるい部屋着的なものを用意していくと快適さ更にアップ。
大体の店舗ではブランケットが用意されており、300円くらいでシャワーも貸してくれます。ペアシートのあるところでは2人利用も可能。

お値段は店舗により違いますが大体夜間利用10~12時間で3000円しないくらい。

殆どのところにドリンクバーがあり、飲み物の心配は全く無用。
宿泊ついでにご飯が食べられるのもいいですね。
あと電源があること。個人的にはこれが一番の強みだと思います。

オススメ店舗

アプレシオ 新宿ハイジア店
ここのコーンスープが好きです。レディースルームなんかもあったりして。
西武新宿駅近く、健康プラザハイジアのB1Fにあります。
近くにコインロッカーもあるし、なにより新宿LOFTが近い。

【追記】お店出入り口となる階段のすぐ横に交番があります。変な人に追っかけられても安心!

スパ

シャワーだけじゃなくてちゃんとお風呂に入りたい!という方にはこちら。

女性専用の施設が多く、深夜営業してるところなら宿泊もオッケー。
24時間営業しているところもあります。
レストランを備えているところも多く、かなり快適です。
あとエステもあったりしますが、いいお値段します。やったことはありません…

お値段は施設によりまちまち、滞在時間制限があるところないところ、深夜滞在料があるところ、いろいろです。
大体10時間3000~4000円といったところでしょうか。

館内着やタオルの貸し出しがあるので快適さはネカフェより上ですな。
お風呂は広いし館内温度は調節されているし、仮眠室も加湿されていたりしていて結構良い環境。
シャンプーやコンディショナーが良いヤツのところもあり、ドライヤー・化粧台も用意されています。
ただし電源がない。モバイルバッテリーなどがあると捗ります。

オススメ店舗

リ・ラックスパ新宿
これまた西武新宿駅すぐ。前述のアプレシオ新宿ハイジア店のすぐ近くです。
男性用カプセルホテルが同じ建物にあります(階違い)。
基本10時間滞在で、入る時間帯によりお値段が変動します。
90分の短いコースもあり。

【追記】こちらも近くに交番があります。ダッシュで数秒の距離!
【20170316追記】
平成28年12月25日(日)で閉店されてました。サミシー!

ウィークリーマンション

1日からでも泊まれるんです、これが。
連泊の場合はこちらがおすすめ。2人でひと部屋ならば更にお安くなります。
上2つと比べていいところは、ベッドで寝られることと荷物が置いておけることですかね。

チェックインさえしてしまえば自由度は格段に上がります。お酒持ち込んで飲んでもイイネ!あとやろうと思えば自炊やお洗濯もできます。滞在費の節約に。
あめすけは洗剤と紐と洗濯バサミを持っていき、部屋に干してから寝ています。

チェックイン時間が指定されている場合が多いので注意。

ホテルLOVE

ホテルラブです。昨今はずいぶんと敷居が下がりました。
ひとりだと却って高くつきますので、複数人推奨です。

あるところには「女子会プラン」なるものがあるくらいです、遠慮なしに入っていいでしょう。ベッドはふかふかテレビは大画面お風呂はジャグジー付きアメニティは充実!なんという女性ウェルカム態勢!!
宿泊に限らず言えば、夜行バスで早朝に着き、軽くご飯を食べてからチェックインし、お風呂と仮眠をとるという手もあります。すると4000円くらいで豪華設備が堪能できます。

未成年の方は大人になってから利用しましょう。ご利用は計画的に。

 

以上、都内でお安く泊まるための候補地でした。

宿泊所はその時の体調とかお財布と相談しながら決めてくださいね!
無理ダメ、ゼッタイ。

お友達と泊まるのも楽しいですよーヾ(°ω°)ノ

追記:20130425
オススメ店舗に追記。近くに交番あると安心ですよねー。

One thought on “安くそして快適に。バンギャルが都内でお安く泊まるには

  1. Pingback: lace frontal

コメントを残す