お耳を大事に。ライブで耳栓のススメ

難聴怖いお:(;゙゚’ω゚’):

あめすけです。

ここ数年、ライブに行くときは耳栓をしています。
「あの爆音がいいんじゃん!耳栓なんて…」と思われる方もいるでしょうが、耳栓したほうがいいです。

予防策としての耳栓の使用を、あめすけは強くお勧めします。


なんでかと申しますと、わたくし一度難聴になったことがありまして。
すぐ治ったんですけど、それから耳栓を使うようになりました。

難聴になってから治るまでの話

あめすけがまだ大学生だった頃。

私は当時ムックに通っておりました。低音がボンボン鳴り響くド下手スピーカーの真ん前を陣取り、ゆけたんガガッデゴイヨォする日々。

ある日、いつものように音楽を聞こうとしたら異変が。
なんか耳が詰まったようにポワンとして、ベースの音だけがやたらと小さい。

環境音に紛れてて聞こえないわけでもなく、低音だけがボリュームを絞りまくったような音量に。イヤホンが断線でもしたのかと思って、イヤホン変えたりスピーカーにしてみたりもしたけど変わらず。

どれくらい聞こえないかっていうと、蘭鋳のイントロがいつ始まったのかよくわからない程度(夢烏以外にはわかりにくい例え)

さらに低い声の人が何言ってるのかイマイチ聞き取れない。喋ってる人が目の前にいるのに。

こいつはおかしいぞ、と耳鼻科へ。
聴力検査をした結果、突発性感音難聴になっていました。

突然に原因不明な内耳性の感音性難聴が発症する疾患である。
発症は突然であり、患者は難聴になった瞬間を語ることができるほど突発的である。(たとえば「朝、起きたら」とか、「図書館に行く前はなんともなかったのに、図書館から帰ってきたら聞こえが悪くなっていた」とかである。)
随伴症状として耳鳴りや耳閉憾を伴うことが多く(後略

突発性難聴 – Wikipedia

これの低音が聞こえないヤツになりました。
この時点で聞こえなくなって3日が経過。

即座に治療開始。
服薬と、毎日の点滴をしました。

結果からいえば割とすぐ治ったんですが、治らない人もいるそうです。
お医者さん曰く、発症してから治療を始めるまでのリミットは1週間。特に48時間以内が大事。

治療が早ければ早いほど治る確率は上がり、逆に1ヶ月以上経ってしまうと「よく聞こえない状態」で聴覚が固定されてしまうとのこと。

難聴が治り、治療が終わっても制限がありました。

暫くは大きな音を聞くのは禁止、テレビとかも出来るだけ離れて小さな音で。
よく行っていたゲーセンとカラオケも禁止。当時していたバイト(居酒屋)もダメ。ライブなんて以ての外。

本心は(´Д`)エエーでしたが、遵守しました。
また発症した場合に完治する保証はないし、耳が聞こえない状態で固定されてしまうのだけは嫌だったので。

そして今も予防のために、「特に爆音の場所」であるライブ会場では耳栓をしています。

耳栓をすることのメリット

でも音が聞こえないんじゃライブに行く意味がない?
そんなことはありません。耳栓にはそこまでの遮音力はないです。
耳栓は音をフルカットしてしまうものではないのです。

演奏が聞きやすくなる

意外かもしれませんが、却って音がクリアになります。

耳栓は全体的に音を減らすため、カットされるものはザワザワした声や雑音。
ノイズがなくなることにより、歌や楽器の音が際立つのです。

sound

終わった後の閉塞感がなくなる

ライブに行かれる方は経験があるのではないでしょうか。

終演後の「耳がぽわーんとした感じ」、これがなくなります。
耳鳴りもしていた方はそれもなくなります。

音がマイルドになる

電子音を多用するライブに行って、感じたのがこれです。

電子音は特に耳に刺さる感じがします。スピーカーの前に居る時などに、しばしば頭痛を召喚したりしておりました。
その高音が、耳栓で少し優しくなります。

どんなの使えばいいの?

普通に薬局で売ってるヤツで十分です。
強いて言うならば、円柱型のよりも少し先の細くなってるヤツが装着しやすいのでオススメかも。


私はこれのピンクを使ってます。

予防&早期発見

固定化により失ってしまった聴力が戻る可能性は殆ど無いそうです。
まず予防!なんか変だなと思ったら早めに耳鼻科!!耳鳴り放置しない!!!

次の日になっても耳鳴りが消えてなかったら疑ってください。
検査してなんともなかったらそれでいいじゃない。病気の子供は居なかったんだ。

ばんぎゃる活動は身体が資本!
皆様お耳を大事にして健やかなミュージックライフを!(°ω°)ノ

【20150518追記】
補足記事書きました。
耳栓のススメの話にちょっと付け足したい話。

コメントを残す