MDダイアリーの手帳カバーがないから作った

この間来年用の手帳を買ったあめすけです。

ほぼ日と同じ大きさらしいからほぼ日のカバー使えばイイネ!と思ってたら


ほ ぼ 日 の カ バ ー に は い ら ない !

そうか!紙の厚み増したんだから本体も厚くなってるに決まってる!/(^o^)\

どうしたものかと思ってたら趣味の半畳みそ氏より「京極堂の『姑獲鳥の夏』映画グッズのブックカバーに入ったよ」という話を聞く。

京極堂ってったら、あのページ数がめっちゃ多くてやったら分厚いというので有名なアレですか。
……京極堂用のブックカバーなんてもんがあんのか…

ニア[ 検索 ] カチッ

……

あっ、市販品ではないのか!!!

個人で作って販売してる人は見つけたけど。し、渋い…

………

よし、無いなら作るか!!(^o^)

ということで。

わくわく☆ソーイングはっじまっるヨー☆〜(ゝ。∂)

材料

○布×2枚(17cm×42cm/表面・裏面)
○織りゴムまたは平ゴム(19cmくらい)
○接着芯(無くても可。お好みで)

作り方

まず布と織りゴムを切ります。

柄々しいのが表で緑が裏。

17cm×42cmで作ったけど、仕上げのステッチかけるときに幅ギリギリだったから全体的にもう1cmずつ大きくしてもいいかもしんない。
縫い代多く取りたい方や大きめが好きな人は、20cm×45cmがキリがいいかなー。

次にアイロンで接着芯を表地に貼ります。
私はパリっとした布のほうが好きなのでつけます。
ちょっと大きめに貼って、後で余りを切ると良。


こんなかんじ。

接着芯をつけたら中表にして、短辺の片方だけじょじょっと縫います。

中表。
ここで中にしたほうが表側になります。

ずれるとめんどくさいので、早々に表返してステッチをかける。

縫った端から6cmくらいで再度中表になるように折り返し。


表紙を差し込むポケットを作るので、 ポケット分は中に残す。


ちょっとめくるとこう。


こうなる予定。

カバーを差し込む織りゴムも一緒に縫いこむので、位置を決めて布に挟む。

位置は大体こんな感じ。


写真上下逆さまだけど(;^o^)

手帳を乗せてみる。


柄がこう出る予定。縫う時は裏になるよ!

そして上下を縫う!

負荷がかかりそうな端っこあたりは返し縫いすると吉。

縫えたらひっくり返す。

ひっくり返す用に開けておいた穴を塞げば完成!
周りにステッチもかけると仕上がりがキレイ。

そんなこんなで\(^o^)/できたよー

表紙側

中身側

包んで使うもよし!

折り返して使うも良し!

文庫サイズなので普通のブックカバーとしても使用できます。

お裁縫たのしいお!(^ω^)

コメントを残す